記事修正が追いついていません。最新情報につきましては公式サイトでの確認をお願いします。

【エポスゴールドカード】年会費永年無料でポイント高還元カード

エポスゴールドお届け一式エポスカード

エポスカードの利用をしていたらインビテーションが届き、【エポスゴールドカード】に切り替えました。エポスゴールドカードの特徴について、通常のエポスカードと違う点を中心に解説します。

スポンサーリンク

年会費について

インビテーションにて発行された場合は、【エポスゴールドカード】の年会費は永年無料です。

通常の申し込みにて発行された場合は年会費は5,000円(税込)です。年間ご利用金額が50万円以上で、翌年以降永年無料となります。

インビテーションと直接申し込みのどちらが確実に発行されるのか

確実に年間50万円以上の利用が見込める方は、いつ届くか判らないインビテーションを待つよりも最初からゴールドカードに申し込んで翌年以降から年会費を永年無料にするのもアリかもしれません。

またエポスゴールドカードだと年間50万円以上の利用でボーナスポイント2,500ポイントが貰えます。(100万円以上なら10,000ポイント)通常の【エポスカード】だと年間利用額に応じたボーナスポイントはありません。

とはいえ、ゴールドカードなので審査のハードルが通常の【エポスカード】よりも上がるのではないかと個人的に思います。

私は属性が専業主婦なのでゴールドに申し込むのは厳しいと思い、ノーマルエポスカードの発行からスタートしました。インビテーションをもらう経験ができ、「たかがクレジットカード」とはいえ嬉しかったです。

通常のエポスカードを利用していれば必ずインビテーションがくるとも断言できません。どちらが確実に発行されるのかは何とも言えません。

ネットを見た範囲ですが、多重申込状態での申込、エポスカード発行直後にゴールドカードへの切り替えは難しい印象があります。末永くカード利用をしてくれそうな方を求めていそうな感じがします。

インビテーションまでの経緯は「【エポスゴールドカード】専業主婦にインビテーション」の記事に書いてます。

【エポスゴールドカード】専業主婦にインビテーション
専業主婦の私に【エポスゴールドカード】のインビテーションが届きました。インビテーションが届く条件、私の利用状況、ゴールドカード切替方法からカードが届くまでについて書いてます。

「エポスファミリーゴールド」制度ならエポスゴールドを最短で発行できる

家族にエポスゴールド・プラチナ保持者がいれば、「エポスファミリーゴールド」制度が利用できます。審査に通れば、最初から永年無料でエポスゴールドが発行されます。

【エポスファミリーゴールド】家族を年会費永年無料エポスゴールドに
【エポスファミリーゴールド】とは、エポスゴールド・プラチナ会員からの紹介で家族がゴールドカードを年会費永年無料で申込できるサービスです。審査があり、限度額も引落し口座も個別に設定されます。ファミリー登録で年間利用額に応じたボーナスがあります。

【エポスゴールドカード】付帯サービス

【エポスカード】のカラオケや飲食店等の優待は【エポスゴールドカード】でも引き継がれます。基本的な優待については【エポスカード】についての記事を参照ください。

主婦こそ【エポスカード】年会費永年無料のおトクなクレジットカード
【エポスカード】はマルイのカードです。優待が多い、海外旅行保険の「自動付帯」、ネット通販に強いなど、非常におトクなカードです。エポスカードの特長について書きました。

ゴールドカードから付帯された特徴について紹介します。

ゴールドカード専用デスク

エポスゴールドカードのご利用に関するお問い合わせ・照会などがフリーダイヤルになります。

ゴールドデスク 0120-20-5544(9:30~18:00)

海外旅行傷害保険

ノーマルカード同様に自動付帯です。ゴールドカードの方が保険内容が手厚くなります。

保険の種類保険金額
(ノーマル)
保険金額
(ゴールド)
傷害死亡・後遺障害最高500万円最高1,000万円
傷害治療費用200万円
(1事故の限度額)
300万円
(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円
(1疾病の限度額)
300万円
(1事故の限度額)
賠償責任
(免責なし)
2,000万円
(1事故の限度額)
2,000万円
(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害
(免責3,000円)
20万円(1旅行・保険期間中の限度額)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

対象は【エポスゴールドカード】会員本人のみ。補償期間は、カードの発行日の翌日以降に日本を出発する旅行が対象で、1旅行につき最高90日間です。

Visaゴールド空港宅配

国際線をご利用の場合、空港から自宅までの復路時は1個目500円、2個目以降通常料金より15%オフでご利用いただけます。自宅から空港までの往路は1個目から通常料金より15%オフでご利用いただけます。

対象空港は成田、羽田、中部国際、関西国際です。

国内・海外の空港ラウンジの利用

国内19カ所、海外2カ所の空港ラウンジを無料で利用できます。利用先の詳細については、公式サイトを参照ください。

国内空港ラウンジサービス(公式サイト)

海外空港・トラベルラウンジサービス(公式サイト)

スポンサーリンク

エポスポイントについて

エポスカードのエポスポイントは200円(税込)につき、1ポイントです。199円以下は切り捨てになります。1利用ごとのポイント付与です。

通常の還元率は0.5%です。ゴールドカードでも還元率は同じです。しかし、ゴールドカードから下記の特典が加わります。

期限のない永久ポイント

エポスカードではエポスポイントの有効期限は2年(延長制度あり)でしたが、ゴールドカードでは期限のない永久ポイントになります。ポイントの期限を気にしなくていいというのはありがたいです。ポイントが失効する前に無理矢理使うというようなこともなくなります。

ゴールドカード発行時点での保有ポイントは有効期限無期限となります。ゴールドカード発行時点から適用されるのは嬉しいです。

※カードを退会、会員資格を喪失した時点で残ポイントは失効となります。

選べるポイントアップショップ

対象店舗(300以上)の中からよく利用するショップ最大3つまでを選んで登録すると、エポスポイントが最大3倍(通常1倍+ポイントアップボーナス2倍)になります。登録後3カ月間は変更できません。

通常1ポイント(0.5%) ⇒ 登録ショップ3ポイント(1.5%)

エポスバーチャルカードの利用も対象となります。バーチャルカードが使えればネットショッピングの際も安心です。(※エポスVISAプリペイドの利用は対象外です)

「たまるマーケット」と併用できる

ショップによっては「選べる3ショップ」と「たまるマーケット」の併用ができます。(※一部のショップで対象外となる場合があります)>>>公式サイト「よくあるご質問」

「たまるマーケットで5倍」、「選べるポイントアップショップで3倍」となるショップでの利用の場合のポイント計算方法は?

たまるマーケット5倍は「通常1倍+ボーナス4倍」、選べるポイントアップショップで3倍は「通常1倍+ボーナス2倍」という考え方です。

通常ポイント(1倍)+たまるマーケット(ボーナス4倍)+選べるポイントアップショップ(ボーナス2倍)=合計7倍のポイントとなります。

通常1倍(0.5%)+ボーナス加算6倍分(3.0%)=合計7倍(3.5%)

 

緑さくら
緑さくら

掛け算ではなく、足し算で計算します。

エポスポイントは1利用ごとのポイント付与です。1回の支払い額が大きいもの、年間の利用額が多いものを選ぶと3倍ポイントの預かれる恩恵が大きくなると思います。

国民年金やYahoo公金支払いを利用できる方は設定するとポイントが貯まりやすいかもしれません。

イオンを選ぶとポイント3倍(1.5%)+WAON POINTカード提示(0.5%)になるので、お客さま感謝デーやお客さまわくわくデー以外の日はエポスゴールドを使うとおトクになると思います。

私は子どもの通信教育の引き落とし先の「ベネッセ」があったので選びました。通信教育で年間10万円くらいの利用になります。それだけで1,500ポイントくらいになります。

「リボ払い」でポイント2倍

リボ払い設定をすると200円(税込)で2ポイントとなります。ポイント以上のリボ手数料がかかるので手数料負けします。おすすめできません。しかし、請求確定日前日までに繰り上げ全額返済をすることで「リボ手数料ゼロ、ポイント2倍」にすることができます。

エポスカードのリボ一括返済は自宅で【ペイジー払い】手数料ゼロでポイント2倍
エポスカードはリボ払いでポイント2倍です。請求確定日前日までにインターネット返済【ペイジー払い】で一括返済(全額払い)すれば、「リボ手数料ゼロでポイント2倍」にすることができます。自宅で支払いができます。その方法について書きました。

ATM返済、ペイジー返済で繰り上げ返済ができます。ペイジー返済は自宅でできるのでおすすめです。

ボーナスポイント

年間のご利用金額に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。50万円以上で2,500ポイント、100万円以上で10,000ポイントです。

通常のカード利用ポイントと合わせると50万円の利用で1.0%、100万円の利用で1.5%の還元率となります。

エポスカードの運転免許、クロネコヤマトの引越、保証人おまかせプラン「ROOM iD」など年間利用金額の対象外となる商品があります。

ポイント利用分、現金でのお支払いは年間利用金額に含まれません。

対象期間はゴールドカードお申し込み受付日より、翌年の当月末日です。以降毎年1年間が対象期間です。ボーナスポイントは対象期間の翌々月中旬に加算されます。

マルイ・モディの「10%ポイントプレゼント5DAYS」

マルイのセールといえば、年4回の「マルコとマルオの7日間」です。【エポスカード】をお持ちなら10%オフになります。

ゴールドカード以上になるとその他に「10%ポイントプレゼント5DAYS」の優待があります。私はゴールドカードになるまで「5DAYS」の優待を知りませんでした。

こちらの「5DAYS」は例年春と秋の年2回くらいのようですが、2018年は2月と4月で既に2回開催されています。あと1回くらい予定されるのでは・・・と期待してます(笑)

10%ポイントというのは、エポスゴールドカードの通常還元率が0.5%ですから20倍になります。

またゴールドカード以上はマルイ・モディの利用でポイント2倍(通常1倍+ボーナス1倍)です。ポイント2倍はマルイウェブチャンネルも対象です。

通常(1倍)+マルイ・モディ(ボーナス1倍)+10%ボーナスポイント(20倍)で200円につき22ポイント(22倍)になります。

(※計算間違っていたらすみません、お買い物前に確認してください)

「マルコとマルオの7日間10%オフ」の方が節約効果が高いと思いますが、マルイウェブチャンネルはクーポンが充実しています。クーポンを使いつつ「10%ポイントプレゼント」というのも狙い目です。

ただし、頭金、エポスポイント利用分、クーポン等の割引分は10%オフの対象外です。

たとえば、1万円のお買い物で1,000円クーポンを使った場合、9,000円分に対して10%ポイントボーナスとなります。

ポイント交換について(ANAマイル優遇あり)

エポスポイントの交換については、1ポイントからエポスVISAプリペイドにチャージ、アマゾンギフト券に交換できます。

エポスVISAプリペイドは利用額の0.5%がキャッシュバックされます(プリペイドの残高に反映されます)。アマゾンギフト券にする場合は、ひと手間かかりますが、プリペイドにチャージしてからアマゾンギフト券を購入するとよりお得になります。

主なポイント交換先を表にしました。

必要ポイント数交換先
1ポイント~
  • エポスVISAプリペイド1円分~
  • アマゾンギフト券1円分~
500ポイント以上1ポイント単位
  • マルイウェブチャンネル割引
500ポイント
  • KEYUCAお買物券500円分
  • スターバックスカード500円分チャージ
  • ノジマポイント500ポイント
800ポイント
  • モンテローザお食事券1,000円分
1,000ポイント
  • マルイ商品券1,000円分
  • VJAギフトカード1,000円分
  • クオ・カード1,000円分
  • iTunesギフトコード1,000円分
  • アパホテルクーポン券1,000円分
  • IDC OTSUKAクポーン券1,000円分
  • JALマイル500マイル
  • ANAマイル600マイル
  • ANAスカイコイン1,000コイン
  • dポイント1,000dポイント
  • auWALLET1,000WALLETポイント
3,000ポイント
  • iTunesギフトコード3,000円分
  • スターバックスカード3,000円分チャージ

ポイント交換の詳細については公式サイトの「エポスポイントの使い方」を参照ください。

エポスポイントのマイル交換について

マイルには1,000ポイントで500JALマイル、600ANAマイル、1,000スカイコインに交換できます。ANAマイルはゴールドカード以上で交換レートが優遇されます。

  • 通常のエポスカード 1,000ポイント⇒500ANAマイル
  • ゴールドカード以上 1,000ポイント⇒600ANAマイル

エポスゴールドカードの年間利用額が100万円(通常利用)だと、5,000通常ポイント(0.5%)+10,000ボーナスポイント(1%)=15,000ポイント(1.5%)になります。

15,000ポイントをANAマイルに交換すると9,000ANAマイルとなります。100万円の利用で0.9%のANAマイル還元率です。(JALマイル還元率は0.75%)

緑さくら
緑さくら

ポイントが期限のない永久ポイントなので貯めるだけ貯めておき、交換するときに「JALマイルかANAマイルのどちらか使いたいマイルに交換する」ということもできます。

高還元率カードに変身

通常の還元率こそ0.5%のカードですが、選べるポイントアップショップ、たまるマーケットを経由する、リボ繰り上げ全額払い、ボーナスポイントなど、使い方次第で【エポスゴールドカード】はかなりの高還元率カードに変身するのではないかと思われます。

一括払いリボ繰り上げ
全額払い
通常カード利用0.5%1.0%
選べるポイントアップショップ1.5%2.0%
年間50万円利用ボーナス2,500ポイント(+0.5%分)
年間100万円利用ボーナス10,000ポイント(+1%分)

極端な話、選べるポイントアップショップで100万円利用できれば、単純計算で2.5%(一括払い)~3.0%(リボ繰り上げ全額払い)の還元率になります。JALマイル還元率にすると1.25~1.5%になります。

緑さくら
緑さくら

年会費無料クレカで1.25~1.5%JALマイル還元率になるのはすごい!

(※年間100万円利用までです)

たとえ年間利用額がボーナスポイントを貰える金額まで到達しなかったとしても、【エポスゴールド】なら1%~2%くらいの還元率は期待できます。

エポスゴールドカードのデメリット

ノーマルエポスカードの記事にも書いていますが、ゴールドカードのデメリットもほぼ同じです。

  • ショッピング保険がない
  • 家族カードがない⇒付帯保険、ラウンジサービスは本人のみ(同行者不可)
  • 年間の利用額が100万円以上だと還元率が下がる

ショッピング保険がない

エポスカードにもショッピング保険はありませんでしたが、エポスゴールドカードもショッピング保険が付きません。残念です。(※年間1,000円で「エポスお買い物安心サービス」に加入することができます)

家族カードがない

付帯保険、ラウンジサービスは本人のみ(同行者不可)

付帯保険、ラウンジサービスは本人のみ利用できます。同行者は利用できません。単身での出張や旅行向きです。夫婦で旅行の場合はそれそれがエポスゴールドカードを持たないといけません。

【エポスファミリーゴールド】サービスを利用する

家族カードがないデメリットを解消するサービスが誕生しました。【エポスファミリーゴールド】です。

2018年6月28日より、【エポスファミリーゴールド】サービスが誕生しました。エポスゴールド・プラチナ会員からの招待でその家族(高校生を除く18歳以上)がエポスゴールドに申し込めるサービスです。

審査があり、個別に利用額が設定されます。引落し口座も別です。カードが発行されれば、最初から年会費永年無料でエポスゴールドがもてます。

「本会員カード+家族カード」という考え方ではなく、「本会員カード」+「本会員カード」という考え方です。

【エポスファミリーゴールド】サービスにより、家族のエポスゴールド取得のハードルは下がったと思われます。詳細は【エポスファミリーゴールド】サービスについての記事をどうぞ。

【エポスファミリーゴールド】家族を年会費永年無料エポスゴールドに
【エポスファミリーゴールド】とは、エポスゴールド・プラチナ会員からの紹介で家族がゴールドカードを年会費永年無料で申込できるサービスです。審査があり、限度額も引落し口座も個別に設定されます。ファミリー登録で年間利用額に応じたボーナスがあります。

年間の利用額が100万円以上だと還元率が下がる

年間利用額のボーナスポイントは50万円で2,500ポイント、100万円で10,000ポイントのみです。200万円以上利用してもゴールドカードの場合は更なるボーナスポイントがありません。年間利用額は100万円利用をピークに還元率が下がります。

【エポスゴールド】はエポスカードの完全上位互換

少々のデメリットはありますが、【エポスゴールドカード】はエポスカードを上回る特典の付いたゴールドカードです。エポスカードの使い勝手の良さそのままにポイント面がだいぶ強化されています。

インビテーションが届けば年会費も永年無料で切り替えない理由が見当たらないと思います。私の生活では充分メインカードになっています。使えば使うほど愛着のわくクレジットカードです。

⇒まずはエポスカードを公式サイトでチェックする

コメント

タイトルとURLをコピーしました