記事修正が追いついていません。最新情報につきましては公式サイトでの確認をお願いします。

【エポスカード】電子マネー・プリペイドチャージでポイントがたまる

emoneyエポスカード

【エポスカード】は電子マネー・プリペイドカードチャージでポイントがたまります。年間ボーナスやポイントアップショップ、リボ技などを組み合わせれば高還元率カードに変身します。

スポンサーリンク

エポスカードは電子マネーチャージでポイントがたまる

エポスカードでチャージできる電子マネーはモバイルSuicaとモバイルEdyです。どちらもチャージでポイントがつきます。

モバイルSuica

モバイルSuicaへのチャージでポイントがたまります。200円につき1ポイントです。還元率は0.5%です。モバイルSuicaを利用したときはポイントはつきません。

チャージ上限について

モバイルSuicaのチャージ上限は2万円です。

選べるポイントアップショップでポイント3倍

エポスゴールド・プラチナカードをお持ちの方は「選べるポイントアップショップ」でモバイルSuicaを選ぶことができます。

モバイルSuicaをポイントアップショップに指定すると、ポイント3倍の1.5%還元率(通常0.5%+ボーナスポイント1%)となります。

iPhoneのSuicaアプリ、Google PayならモバイルSuica年会費無料

VIEWカード以外を登録したモバイルSuicaは年会費がかかります。税込1,030円です。サービス利用の有無にかかわらず、退会手続きをしなければ年会費が発生します。

iPhoneをお持ちの方はSuicaアプリにエポスカードを登録すれば、モバイルSuicaを無料で利用することができます。

おサイフケータイ機能のあるandroidケータイをお持ちの方は、Google Pay(グーグルペイ)のSuicaにエポスカードを登録することでモバイルSuicaを無料で利用できます。

Google Payは1円単位でチャージできます。200円単位でチャージをすれば、端数を切り捨てられることなくエポスポイントが付与されます。Google Payでも選べるポイントアップショップが適用されます。

緑さくら
緑さくら

試しにGoogle PayのSuicaに200円のチャージをしたところ、通常のポイントが付きました。

エポスカードGooglePaysuicaチャージポイント

 

緑さくら
緑さくら

私は選べるポイントアップショップにモバイルSuicaを登録していますが、翌月にボーナス分の2ポイント(1pt×2)が付きました。

GooglePaySuica選べる3倍ポイント付与

楽天Edy

おサイフケータイの楽天Edyにチャージできます。iPhoneの方は「パソリ(RC-S390)」や「おサイフケータイジャケット」が必要です。

チャージ上限について

Edyのチャージ上限は5万円です。1回あたりのチャージ上限は25,000円です。チャージ回数制限はありません。

チャージと利用でポイント2重取り

チャージ1,000円につき5ポイントつきます。(0.5%還元率)

楽天Edyは「Edyでポイント」というサービスがあり、楽天Edyの利用でポイントを貯めることができます。登録したポイントを貯める設定ができます。200円につき1ポイントです。(0.5%還元率)

◆「Edyでポイント」に登録できるポイント◆
エポスポイント、楽天スーパーポイント、Pontaポイント、Tポイント、ビックポイント、ヨドバシゴールドポイント、マツキヨポイント、ANAマイル

楽天Edyへのチャージ0.5% (エポスポイント)と 楽天Edy利用0.5%(登録したポイント) で 1%還元率になります。

エポスカードでチャージできない電子マネー

nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)にチャージできません。Suica以外の交通系電子マネー(Pasmoなど)にチャージできません。

nanacoに直接チャージできませんが、【Kiigo(キーゴ)】というデジタルコード通販サイトでnanacoギフトを購入することができ、エポスカードを使って間接的にチャージできます。

※2019/4/19より、Kiigoでのnanacoギフトの取り扱いが終了しました

後払い電子マネーiD(アイディ)に対応していません。QUICPay(クイックペイ)はApple Pay対応です。

緑さくら
緑さくら

おサイフケータイの場合、Kyashに紐づければエポスカードでQUICPayが使えます。

(Kyashポイントはつきません、エポスポイントのみ)

Apple Payについて

エポスカードでApple Payが利用できます。対応しているのはQUICPay(クイックペイ)です。お店で支払うときは「QUICPayで支払います」と伝えます。

利用額に対して通常のポイントがつきます。税込200円に対して1ポイントです。(還元率0.5%)

プリペイドカードチャージでポイントがたまる

au WALLETとスターバックスカードへチャージできます。チャージに手数料がかかりません。チャージでポイントもつきます。Kyashを利用でき、ポイントがつきます。

au WALLET(プリペイドカード)

チャージと利用でポイント2重取り

au WALLETへのチャージで200円につき1エポスポイントがたまります。au WALLETの利用200円につき1WALLETポイントがたまります。

チャージ0.5%(エポスポイント)と利用0.5%(WALLETポイント)で1%還元率となります。

チャージ上限について

au WALLETへのチャージ上限は100万円です。1回あたりのチャージ上限は45,000円です。

エポスポイントはWALLETに交換できる

1,000エポスポイントを1,000WALLETに交換することができます。

スターバックスカード(プリペイドカード)

スターバックスカードへのチャージはポイント2倍で還元率1%です。カード利用によるポイントはありません。

チャージ上限について

チャージ上限は3万円です。1,000円から3万円まで1円単位でチャージできます。スターバックスカードに有効期限はありません。

エポスポイントはスターバックスカードにポイント移行できる

500エポスポイントをスターバックスカード500円分に移行できます。

緑さくら
緑さくら

au WALLETとスターバックスカードをよく利用する方はたまったポイントを再びチャージできるのでエポスポイントを有効活用できます。

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)というVISAウォレットアプリがあります。(リアルカードもあります)

Kyashを利用すれば、決済確定時にリアルカードで1%(バーチャルカードで0.5%)分のKyashポイントが付きます。

VISAかMasterのクレジットカード(またはデビットカード)を登録して利用します。エポスカードを設定できます。

緑さくら
緑さくら

Kyashのキャッシュバック1%(バーチャル0.5%)分とエポスポイントの2重取りが可能です。

自動チャージ(オートチャージ)

クレジットカードを設定すれば自動(オート)チャージができるようになります。オートチャージとはKyash残高の不足分のみ自動で充当する仕組みです。

Kyashの残高が0円で1,000円のものを購入した場合 ⇒ 不足分の1,000円が即時チャージされ買い物できる
Kyashの残高が100円で1,000円のものを購入した場合 ⇒ 不足分の900円が即時チャージされ買い物できる
緑さくら
緑さくら

カードを登録しますが、プリペイドカードのように残高を気にせず買い物ができるのがメリットです。

手動チャージも可能

残高0円でも買い物ができるのがKyashの大きなメリットですが、2018年12月25日より手動チャージが可能になりました。1,000円から5万円まで手動チャージできます。(残高が50,001円以上あるときは手動チャージ不可)

手動チャージは手間に感じるかもしれませんが、端数の切り捨てがありません。エポスポイントを無駄なく獲得できます。

モバイルスイカはキャッシュバック対象外に

Kyashにエポスカードを設定すれば、モバイルSuica6,000円以上のチャージでキャッシュバック対象となります。「Kyash(2%)+エポスカード(0.5%)=2.5%」となります。

2019年2月3日よりKyashによるモバイルSuicaチャージはキャッシュバック対象外となりました。

  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ

▼Kyashについて▼

【Kyash】は自動チャージできる還元率1%のVISAプリペイド
【Kyash】(キャッシュ)は発行手数料無料、年会費無料のVISAプリペイドカードです。登録クレカでの自動チャージと還元率1%が特徴です。本人確認不要、年齢制限なしでカード発行できます。リアルカードを発行すれば街のお店でも利用できます。

エポスカードの還元率を上げる方法

リボ払いで0.5%還元率UP

エポスカードの支払いをリボ払いにするとポイント2倍です。普通にリボ払いをするとポイント以上の手数料がかかります。しかし、請求確定日前の繰り上げ返済で「手数料ゼロでポイント2倍」にすることができます。

詳細は、エポスカードのリボ一括返済は自宅で【ペイジー払い】手数料ゼロでポイント2倍の記事をどうぞ。

エポスカードのリボ一括返済は自宅で【ペイジー払い】手数料ゼロでポイント2倍
エポスカードはリボ払いでポイント2倍です。請求確定日前日までにインターネット返済【ペイジー払い】で一括返済(全額払い)すれば、「リボ手数料ゼロでポイント2倍」にすることができます。自宅で支払いができます。その方法について書きました。

ボーナスポイントで還元率UP(ゴールド・プラチナカード)

エポスカードの年間のカード利用が50万円以上なら2,500ポイント(0.5%分)、100万円以上で1万ポイント(1%分)のボーナスポイントがつきます。

極端な話ですが、毎月約4万2,000円をチャージできれば年間50万円以上をクリアできます。毎月約8万4,000円チャージできれば年間100万円をクリアできます。

チャージだけで年間50万や100万円というのも難しいですが、「あと少しでボーナスポイントに届く」というときに電子マネー・プリペイドチャージなら金額調整しやすいので便利です。

新規入会キャンペーンで利用条件をクリアするためにチャージ利用するのもアリでしょう。

貯まったポイントの使い道

Suica、楽天Edyを利用する方

貯まったポイントはエポスプリペイドにチャージして使いましょう。エポスプリペイドからSuicaへチャージして使えます。

楽天Edyは未検証ですが(すみません)、おそらくチャージできると思います。

au Wallet、スターバックスカードを利用する方

エポスポイントはau WalletのWallet、スターバックスカードに交換できます。

ぺんぎん
ぺんぎん
貯まったポイントは再び電子マネーチャージ!
つる
つる
循環できるって素晴らしい

【まとめ】エポスカードの電子マネーポイント還元率

エポスカードの電子マネーのポイント還元率をまとめました。

モバイルSuica楽天Edyau WALLETスターバックスカード
チャージ0.50.50.51.0
電子マネー利用なし0.50.5なし
リボ0.5
チャージ選べる3倍

(ゴールド以上)

1.0なしなしなし
年間ボーナス

(ゴールド以上)

年間50万円 0.5、年間100万円 1.0

還元率0.5~3%1~2.5%1~2.5%1~2.5%

電子マネーやプリペイドカードへのチャージでポイントのつかないクレジットカードは多いです。通常還元率0.5%のエポスカードが高還元率カードに変わります。

主婦こそ【エポスカード】年会費永年無料のおトクなクレジットカード
【エポスカード】はマルイのカードです。優待が多い、海外旅行保険の「自動付帯」、ネット通販に強いなど、非常におトクなカードです。エポスカードの特長について書きました。
【エポスゴールドカード】年会費永年無料でポイント高還元カード
【エポスゴールドカード】の特徴について解説します。海外旅行自動付帯内容とポイント面が強化されています。使い方によっては高還元率カードに変身します。「エポスファミリーゴールド」を使えば、家族も【エポスゴールドカード】を申込できます。

モバイルSuica、モバイルEdyにチャージするならエポスカード

SuicaとEdyは使えるところの多い電子マネーです。エポスカードでチャージすればポイントがつくのでおトクです。コンビニのレジで現金チャージしている方を見かけると「もったいない!」と思います。

⇒ エポスカードを公式サイトでチェックする

コメント

タイトルとURLをコピーしました