記事修正が追いついていません。最新情報につきましては公式サイトでの確認をお願いします。

【Kyash】JALマイラー向け登録クレカはどれがいい?

JALマイラー向けKyash登録クレカKyash

Kyashが2020年中に新しくなります。新しい【Kyash Card】が誕生します。それに伴い、現材のリアルカードは【Kyash Card Lite】に変更予定です。

2020年4月より【Kyash Card Lite】のポイントが1%⇒0.5%に改悪予定です。

【Kyash Card Lite】は発行手数料が300円かかります。申込時だけでなく、カード更新時にも発行手数料がかかります。

【Kyash】が新しくなるも今後の利用が悩ましい
Kyash(キャッシュ)が新しくなります。ICチップ付き、VISAタッチ対応、カード番号裏面記載デザインになります。反面、発行手数料有料、3Dセキュア非対応です。現行リアルカードも有料化、ポイント半減になります。

※当記事はKyash Card Lite変更前のリアルカードについての記事ですご注意くださいKyashに興味のある方は最新情報をご確認ください。

*****

【Kyash】(キャッシュ)という年会費無料のVISAプリペイドカードがあります。VISAかMasterのクレジットカードを登録すれば自動チャージで使えます。

Kyashは売上確定と同時に100円につき1ポイントのKyashポイントが確定します。さらに登録したクレカのポイントも付きます。(P-oneカードなど対象外クレカあり)

どのクレジットカードを登録すればJALマイラー的におトクなのか考えてみました。おトクな使い方も紹介します。

「Kyashって何?」という方はKyashについての記事をどうぞ。

【Kyash】は自動チャージできる還元率1%のVISAプリペイド
【Kyash】(キャッシュ)は発行手数料無料、年会費無料のVISAプリペイドカードです。登録クレカでの自動チャージと還元率1%が特徴です。本人確認不要、年齢制限なしでカード発行できます。リアルカードを発行すれば街のお店でも利用できます。
スポンサーリンク

クレカチャージでポイント2重取り

Kyashに登録できるのはVISAかMasterのカードです。登録できるのは5枚まで(24時間に1枚)です。

還元率1%以上のクレカを登録しよう

ポイ活的には還元率1%以上のカードを登録しましょう。トータルで2%以上の還元率になります。

Kyash(1%)+登録クレカ(1%以上)=2%以上

楽天カード (1%)、リクルートカード(1.2%)などがあります。

緑さくら
緑さくら
私の楽天カードはJCBのため紐づけできません…

JALマイラー向け登録クレカ

JALマイラー向けの組み合わせを考えてみました。(還元率はカード還元率、JALマイル還元率ではありません)

登録クレジットカード還元率合計
Kyash

(1%)

JALカード(1%)*ショッピングマイルプレミアム加入2%
リクルートカード(1.2%)2.2%
エポスカード(0.5~2%)1.5~3%
セディナJiyuda(0.5%)+JMB WAON払い(1~2%)

エポスカードは通常0.5%還元率ですがリボ技で1%、エポスゴールドなら年間100万円利用で1%のボーナスポイントが付くので、最高2%の還元率(JALマイル還元率1%)が期待できます。

Jiyudaは2019年10月1日より「コンビニ払い」が停止となりました。

Jiyudaはコンビニ払いができます。JMB WAONで支払えるのは5万円までです。ただし、5万円だと手数料324円がかかります。(1万円以上5万円未満の手数料は108円、1万円未満の手数料は64円)

Kyashでポイント3重取り

Kyashとクレカポイントの2重取りだけでもオイシイですが、Kyashの真骨頂(?)は3重取り以上ができることです。

Origamiペイでポイント3重取り

OrigamiペイにKyashを登録することが可能です。オリガミペイの支払いをするとポイント3重取りになります。

Origamiペイ(1%オフ)+Kyash(1%)+クレカ(1%~)

※2019/10/1~2020/1/31までのキャンペーン。クーポンとの併用不可、対象外店舗あり。詳細はOrigamiペイのキャンペーンページをご確認ください。

Origamiアプリはいつでも、その場で最大3%OFF。
Origamiアプリは、お会計金額からいつでもその場で最大3%割引となります。
緑さくら
緑さくら

PayPay(ペイペイ)はKyashが3Dセキュア未対応のため、月に5,000円までの決済にしか利用できません。

 

2019年10月1日より「PayPay」利用特典対象外となり、3重取りができなくなりました。

ポイントサイトと楽天ペイで3重取り

楽天ペイは2019年9月24日のアップデートで3Dセキュア未対応カードは新規登録できなくなりました。

楽天ペイが使えるサイトを利用するときにポイントサイトや楽天リーベイツを経由すると、Kyashでポイント3重取りが可能です。

ポイントサイト(0.5%~)+Kyash(1%)+クレカ(1%~)

緑さくら
緑さくら
ネットショッピングの楽天ペイはコード払いでないため、楽天ペイアプリ分のポイント0.5%はありません。

楽天ペイ利用時にKyashで支払いができるように、楽天市場のmy Rakutenの支払いカードにKyashを登録しておく必要があります。

ポイント4重取り

オリガミペイの支払いにポイントカードを提示すれば、ポイント4重取りです。

ポイントカードとオリガミペイで4重取り

ローソン(Pontaまたはdカード)で4重取りが可能です。

Ponta(1%)+オリガミペイ(1%オフ)+Kyash(1%)+クレカ(1%~)

緑さくら
緑さくら
オリガミペイではポイントが付かないショップもあります。(ケンタッキーなど)

デメリット

カードの使い分けが面倒

Kyashで支払うことでトータルの還元率は高くなります。しかし、クレカ払いを優先した方が良いときもあります。

エポスゴールドの場合、選べる3倍ショップはエポスゴールドで支払う方がエポスポイントが貯まります。選べる3倍ショップでKyashを利用すると明細は「Kyash」になります。通常ポイントが付きます。

同様にJALカードの特約店はJALカードで支払う方がJALマイルは多く貯まります。

トータルの還元率を優先するなら常にKyashですが、自分の貯めたいクレカポイントやマイルをより多く貯めるならクレカ払いです。Kyashとクレカのどちらで支払うか一瞬迷うのがデメリットです。

ポイント・マイルが分散する

Kyashのポイント(1%)とクレカのポイントに分散されます。

緑さくら
緑さくら
Ponta、dポイント、TポイントはJALマイル化できますが、ポイント交換の手間があります。

ただ、本来のクレカポイントにKyash還元率を上乗せする仕様です。ポイント分散に文句は言えません。

Kyashなら自動で還元率1%UP

Kyashは利用限度額(1ヶ月間12万円、1回5万円、24時間以内に5万円)や公共料金などに使えないなどの制限はありますが、多くの家庭の食費や日用品をまかなえるのではないでしょうか。

今までクレカで支払っていた日常生活費をKyashに置き換えるだけで、クレカのポイントやマイルが貯まる上にKyashのポイントが得られます。

緑さくら
緑さくら
ストレスのない節約とはこういうこと。
Kyash
スポンサーリンク
書いている人
緑さくら(みどり・さくら)

40代主婦。2017年7月にゼロからのスタートでJAL活を始めました。最初の1年で約11万JALマイルを貯めることができました。

最近は永久不滅ポイントと楽天ポイントがお気に入り。電子マネーはJMB WAONを愛用してます。JALマイルに限らず、各種ポイントやクレジットカードなどについて書いてます。

ブログをフォローする
陸マイラー専業主婦

コメント

タイトルとURLをコピーしました