記事修正が追いついていません。最新情報につきましては公式サイトでの確認をお願いします。

【Kyash】が新しくなるも今後の利用が悩ましい

new-Kyash-CardKyash

Kyash(キャッシュ)が新しくなります。2020年初めごろに発行予定とのことです。現時点(2020/1/20)でまだ発行日は決まってません。

【変更のポイント】

  • Kyash Card誕生(発行手数料900円)
  • 現行リアルカードはKyash Card Liteに名称変更と有料化(発行手数料300円)
  • Kyash Card Liteの還元率は1%→0.5%にダウン(2020年4月より)
スポンサーリンク

新Kyash Cardについて

新Kyash Card

画像は新しいKyash Card登場(Kyash公式サイト)より

ICチップ(4ケタ暗証番号)付きカード

念願のICチップが付きました。サインレスの買い物ができるようになります。(ICチップ付きでもサインが求められる場合があります)

現リアルカードを使っていてサインを求められることが多く正直面倒だったので嬉しいです。

カード表面にカード番号が記載されないデザイン(裏面記載)

カード番号記載のないすっきりとしたデザインはなかなか素敵です。つかみはOK。

緑さくら
緑さくら

たとえカード素材が現行リアルカードと同じだとしてもガッカリ感が軽減されるような気がします。

ネイビー、シルバー、ピンクの中から好きなカラーが選べます。(ひとり1枚のみ)

VISAタッチ決済を搭載

電子マネーのようにかざすだけの決済は非常にラクです。店員さんにカードを渡さずに決済できるのは嬉しいです。残念ながらVISAタッチが使えるところはまだ少ないです。

Google PayでQUICPayが使える

現リアルカードでも同機能はありますが、新カードでも引き続きGoogle PayでQUICPayが使えます。QUICPay決済の場合、残念ながらポイント還元はありません。

利用上限額がUP

新Kyash Cardは現リアルカードよりも利用上限額が上がります。

新Kyash CardKyash Card Lite

(現リアルカード)

Kyash Card Virtual
1回あたりの決済額上限30万円5万円
  • 3万円
  • 本人認証なし5,000円
1カ月あたりの決済額上限100万円12万円
  • 12万円
  • 本人認証なし5,000円

デメリットのところで後述しますが、ポイント還元は12万円分までです。

新Kyash Cardのデメリット

切替に伴いカード情報が変わる

現行リアルカードをお持ちの方が切り替えるとカード番号や有効期限、セキュリティコードが変わります。切替するとリアルカードは使えなくなります。

Kyash残高とKyashポイントは引き継がれます。

申込に本人確認書類が必要

申込時に本人確認書類が必要です。不正防止のためだと思いますが、モヤッとします。

月あたりのポイント還元対象は12万円まで(MAX1,200ポイント)

1回の決済上限が30万円、ひと月の決済上限は100万円までになりますが、ポイントの還元対象となるのは12万円までです。

新Kyash Cardの還元率は1%です。獲得できるKyashポイントはひと月1,200ポイントがMAXです。

つる
つる

正直、セコイ

日常生活の決済に使うことが多い私は月12万円の範囲で事足りますが、そんな私でも「何だかなあ」と思いました。カードを使ってほしいのかそうでないのか分からない還元上限の設定です。

3Dセキュア非対応

せっかくICチップが付いたのに、3Dセキュア非対応です。ガッカリ感が半端ない。Pay系に紐づけできません。

発行手数料900円(年会費は無料)

発行手数料がかかるのが痛いです。本人確認書類を求められ、3Dセキュア非対応なのに発行手数料が900円。高いとも安いとも言えない微妙なところを突いてます。

ぺんぎん
ぺんぎん

元は取れると思うけど、発行手数料払って申し込む価値があるのか悩む…。

緑さくら
緑さくら

発行開始時にキャンペーンで無料になることを期待します。

現行リアルカードは100万円の利用上限がありますが、新Kyash Cardは利用上限がありません。有効期限まで利用できます。

公式ヘルプページに記載がないので現時点では分かりませんが、有効期限後の更新に発行手数料がかかるのか定かではありません。

そもそも公式ヘルプの表記↓↓↓に一抹の不安があります。

様々なご質問にお答えしたく本ページをご用意いたしましたが、現時点ではお答えができない内容もございますこと、ご了承いただきたくお願いいたします。

現行リアルカードはKyash Card Liteへ

現行のリアルカードは新Kyash Cardの発行と同時に【Kyash Card Lite】へ名称変更です。名称以外にも変更があります。

発行手数料300円(年会費は無料)

現在のリアルカードは無料で発行できますが、Kyash Card Liteは新規申込みから発行手数料として300円がかかります。

緑さくら
緑さくら

そもそも新Kyash Cardの発行日がいつになるかアナウンスされていません。いつから300円かかるのか不明です。

有効期限後や100万円利用上限後の再発行の際にも交換手数料として300円がかかります。

現行のリアルカード保持者は引き続き無料で利用できますが、有効期限後や100万円利用上限後の再発行の際は交換手数料として300円かかります。

申し込むなら「無料で発行できる今のうちに!」と思うかもしれませんが、カード更新時に再発行手数料はかかるので正直おすすめできません。

2020年4月より還元率0.5%

現リアルカードの還元率は1%です。2020年4月からは0.5%に半減します。

ぺんぎん
ぺんぎん

現リアルカード保持者を新カードに切り替えさせたいとしか思えない。

つる
つる

それな。

現時点で新カードの発行日が明らかになっていませんが、ポイント半減となる2020年4月のタイミングかな?と推測します。(違ってたらすみません)

Kyashをやめる?移行する?

以上が新Kyash Cardと新カード誕生に伴う変更点です。

新Kyash Cardのカードデザイン、ICチップ、VISAタッチは評価できます。反面、新カードのデメリットや現行リアルカードの改悪を考慮するとものすごく悩ましいです。

機能は向上したけどお得さに欠けます。デメリットを打ち消すほどのメリットが感じられません。

「何かしらのキャンペーンで新カードが発行手数料無料になるなら切り替えてもいいかな?」というのが本音です。

そして現リアルカードを解約する可能性がかなり高くなりました。「今までありがとう」という心境です。

新しいKyash Card登場(Kyash公式サイト)

新しいKyash Cardに関するご質問について(Kyashヘルプ)

Kyash
スポンサーリンク
書いている人
緑さくら(みどり・さくら)

40代主婦。2017年7月にゼロからのスタートでJAL活を始めました。最初の1年で約11万JALマイルを貯めることができました。

最近は永久不滅ポイントと楽天ポイントがお気に入り。電子マネーはJMB WAONを愛用してます。JALマイルに限らず、各種ポイントやクレジットカードなどについて書いてます。

ブログをフォローする
陸マイラー専業主婦

コメント

タイトルとURLをコピーしました