記事修正が追いついていません。最新情報につきましては公式サイトでの確認をお願いします。

ポイ活(ポイントサイト活動)で最初に乗り越えるべき3つの壁

ポイ活の始め方

ポイ活(ポイントサイト活動)は自分のペースで楽しくためられます。私は1年で約11万JALマイルを貯められました。すっかりポイ活が日常のものとなりました。何かを購入したりサービス利用をするときは必ずポイントサイトをチェックすることから始めています。

夫にその良さを伝えていますが、興味を示しても実際にポイ活を始める気配がありません。ポイ活をすることはハードルが高いのでしょうか?

これからポイ活をしようと思っている方がいざ始めようとすると、おそらく3つの壁に直面すると思います。

  1. ポイントサイトは怪しい
  2. 登録が面倒くさい
  3. ポイントが貯まらない

この記事では、3つの壁をクリアするコツについて書きました。ポイ活に興味のある方がスムーズにポイ活に取り組むことができれば嬉しいです。

スポンサーリンク

第1の壁「ポイントサイトは怪しい」

最初の壁は「ポイントサイトは怪しい」という心理的抵抗です。

「無料でポイントが得られるのは怪しい」と「ポイントサイトの紹介制度が怪しい」のふたつが考えられます。怪しさの正体を知れば心理的ハードルはなくなります。

1.無料でポイントを得られるのが怪しい

ポイントサイトを利用して口座開設やクレジットカード申込をすると1,000~数千ポイント得られます。「何かウラがあるんじゃないの?」と思うかもしれません。

クレジットカードを例にします。クレジットカードの申し込みには3つの方法が考えられます。

1)店頭申込
2)WEB申込
3)ポイントサイト経由申込

1)の店頭でクレジットカードの申込みをする方は、最初からそのクレジットカードに申込む予定の方が多いと思われます。最初から申込予定の方はそのクレカの必要性や緊急性が高く、ポイントがなくても申し込みをしてくれます。ただ最初から申込予定の方というのは非常に少ないでしょう。

次に2)のWEB申し込みする方。WEB申し込みは店舗や人員コストがかからないため、その分入会キャンペーンポイントを付けることが多いです。WEB申込をする方はWEB申し込みの方がお得になることを知っていてWEBページにアクセスしてくれる層です。やはりそのクレカをある程度知っている方になります。

最後に全くそのクレカを知らない層があります。この層がいちばん人口が多いです。この層にアプローチするために、TVコマーシャルやネット広告、雑誌広告などを展開します。ポイントサイトへの広告もここに当てはまります。広告形態のひとつなのです。

ポイントサイトの仕組

企業がポイントサイトへ宣伝広告費を払います。ポイントサイトは企業の広告とポイントを掲載します。つまり申込者に還元されるポイントは企業の宣伝広告費の一部です。元々は企業の宣伝広告費なので、安心してポイントサイトを利用してポイントを受け取ることができます。

カード会社でWEBキャンペーンが行われている場合、「カード会社のキャンペーンポイント」と「ポイントサイトのポイント」の両方を頂けることが多いです。(どちらかの場合もあります)

ポイントサイトからの申し込みが一番お得な申込方法になります。ポイ活を知っている人は最初からポイントサイト経由で申し込みます。

本当にポイントが貰えるの?

「獲得したポイントが本当に貰えるの?」という不安もありますね。私がこれまでポイ活をして得たポイントはすべてマイル、現金、電子マネー等に無事に交換できています。

しかし、ポイントが交換できない、期限で失効する事態も充分起こり得ます。実際あります。

2018年6月に【PONEY(ポニー)】でポイント交換機能が稼働しなくなりました。7月に交換再開となりましたが、厳しい交換上限が設定されています。

長年運営されているポイントサイトでも未来永劫大丈夫という保証はありません。「最後に誰かがババを引く」ような最悪の事態を私自身想像しています。リスク対策として必要交換数のポイントが獲得できた時点でこまめに交換してポイントサイトのポイント残高を少なくするようにしています。

2.お友達紹介制度が怪しい

ポイントサイトにはお友達紹介制度(ダウン報酬、ティア制度)があります。

もし私のサイトから登録していただくと、登録者の方にポイントが入ります。紹介者の私もありがたいことにポイントが頂けることが多いです。

さらに登録者の方がポイント活動をしてポイントを獲得すると、広告によっては幾ばくかのポイントが紹介者の私にも入る・・・という仕組みになっています。

「このシステムが何かイヤ!怪しい!!」

私も初めてポイントサイトを登録するときに思いました。マルチ商法みたいに感じました。

ダウン報酬制度

でも、実際にポイント活動をすると獲得したポイントは全部自分のポイントとなることがわかりました。ダウン報酬の分はポイントサイトが負担しています。

登録者が獲得したポイントを紹介者に払うことはありません。紹介者が自分のポイントを登録者に分けることもありません。

身内や直接の知り合いでない場合、「新規登録者はたまたま私のブログを訪問してくださった方」(ありがとうございます)で、紹介者の私は「そのブログを運営している人」という単なる偶然の関係です。安心してください。

紹介者になぜポイントが入るのか?

それでは紹介者に入るポイントは何でしょう?それはポイントサイトの代わりにポイントサイトを宣伝した謝礼です。

ポイントサイトも自社サイトやSNSで告知や宣伝をしています。それ以外に実際のポイ活をしている人にブログやSNSなどの口コミで新規ユーザーを獲得したく紹介制度を設けているのです。

紹介制度のポイントは、ポイントサイトの広告宣伝費といったところでしょうか。紹介制度で紹介者に入るポイントはポイントサイトから払われる謝礼です。新規登録者から頂くものではありません。

それから、ポイントサイトの紹介制度は決して強制ではありません。無理して家族知人友人に広める必要はありません。「○○人を紹介してください」といった営業ノルマもありません。紹介制度を利用したい方がブログ記事にしたり、SNSで紹介しているだけです。

実際にポイ活でポイントを得られると「こんな方法があるよ!やってみるといいよ!」と伝えたくなり、紹介するのだと思います。

仮に紹介ポイント目当てだとしてもそう簡単に登録者は増えません。

私自身は「ポイントサイトを利用する人が増えてほしい」、「ポイ活でポイントを得てほしい」という気持ちで紹介しています。利用しなきゃ勿体ないです。

緑さくら
緑さくら
ダウン報酬を期待する気持ちも多少ありますが、アテにしてません。「ダウン報酬はあればラッキー」といったところです。

「ポイントサイトを利用する人が多くなればなるほど、みんながたくさんポイントを得らるハッピーな世界」だと思います。WIN-WINです。

第2の壁「登録が面倒くさい」

ポイントサイトへの心理的抵抗が薄れ「これからポイ活をしよう」と思ってもたいていの人は登録しません。次の壁にぶつかるからです。ふたつ目の壁は「登録作業が手間、面倒くさい」というものです。

人は初めて何かをするときは簡単なことでも緊張や不安で必要以上に難しく感じてしまいます。何でもいいのですが「実際にやってみたら意外と大したことなかった」という経験はありませんか?それと同じです。登録はただの入力作業です。誰にでもできます。

最初に以下のふたつを用意してから登録をすると登録作業がスムーズに進みます。

1.フリーメールアドレスの取得

GメールでもYahoo!メールでも何でもいいので、ポイントサイト用に用意します。これも面倒くさいと思うかもしれませんね(笑) 以前に取得して使っていないアドレスがあれば活用してください。

登録するとポイントサイトからのメールマガジンやアンケートが届きます。メルマガやアンケートは解除もできますが、ポイントサイトによってはメルマガ受取が必須というところもあります。複数のポイントサイトに登録すると結構な量になります。

プライベートや仕事の大事なメールが埋もれてしまっては大変です。ポイントサイト用のアドレスを用意しましょう。

2.ID(ニックネーム)とパスワードを決めておく

登録の際にID(ニックネーム)とパスワードの入力を求められます。登録時にここで手が止まります。そして悩みます。IDとパスワードが思いつかないとイヤになって登録をやめてしまいます。

そうならないよう登録する前にあらかじめ考えておきましょう。複数のポイントサイトに登録することになると思いますが、使い回しは避けます。

私はIDをいちいち考えるのが面倒なので共通ネームを決めています。たとえば共通ネームを「sakura」とします。モッピーなら「sakuramoppy」、ハピタスなら「sakurahapi」のように「共通ネーム+ポイントサイト名」という感じにすることが多いです。

パスワードはパスワード管理ソフト(1Password、ロボフォーム、Bitwardenなど)を利用すると、複雑なパスワードを簡単に作れます。私はBitwarden(ビットウォーデン)の無料プランを利用しています。

Bitwarden(ビットウォーデン)について詳しく書かれている記事です。参考にしてください。

【SSS】Bitwardenのダウンロードと自動入力の使い方
KeePassと実力が拮抗している、オープンソースのパスワード管理ソフト「bitwarden」拡張機能・デスクトップアプリ・Webブラウザの使い方を紹介。

第3の壁「ポイントサイトでポイントが貯まらない」

実際にポイントサイトに登録しました。いざポイ活を始めても「ポイントがなかなか貯まらない」という最後の壁が立ちはだかります。

元々欲しいクレジットカードなどがある場合はすぐに高額の広告利用ができますが、そうではない場合は知っているサービスを利用することから始めたり、すぐにできるゲームで貯めようとしたりします。

楽天市場やYahoo!ショッピングあたりを利用しますが、得られるポイントは1%程度なので中々ポイントが貯まりません。そうするとポイ活を難しく感じてしまいフェードアウトしてしまいます。

ポイントサイトによってはランク制度があります。

広告利用の回数でランクアップが可能です。楽天やYahoo!の買い回りに利用すれば獲得ポイントは少なくてもランクアップできます。

1%の広告も決して無意味ではありません。

登録までこぎつけたのならポイ活の9割は成功です。くじけずにいきましょう。最後の壁を打破するために、ポイ活で実際にポイントが貯まるコツについてお伝えします。

ポイントサイトをひとつに絞る

初めてポイントサイトにログインすると何から手を付けたらいいのか分からないと思います。毎日ログインしているうちにポイントサイトに慣れます。老眼激しい40代の私でも慣れました。最初から複数のポイントサイトに毎日アクセスするのは大変です。

登録は一気にしても構いませんが、自分の好きな雰囲気のポイントサイトをひとつメインにして、どこにどんな広告があるのかまずは慣れましょう。メインのポイントサイトをひとつ決めれば、獲得ポイントが分散されないので貯まる実感があります。

慣れたら少しずつ利用するサイトを広げていきます。

登録してから早い段階で1,000ポイントを獲得する

300〜500ポイントあればポイント交換できるポイントサイトが多いので、まずは300~500ポイントを目標にします。

次は1,000ポイントをめざしましょう。1,000ポイントなら現金1,000円分(1P=1円の場合)です。1,000ポイント以上獲得できるとポイ活の手応えを感じます。そうなるとポイ活が楽しくなります。欲しいものや利用したいサービスがあるときはまずポイントサイトをチェックすることが習慣になります。

1,000ポイントを獲得しやすい広告は下記の通りです。

無料申し込み系の広告を利用する

サービス申し込み系、資料請求の広告は無料で始められ、ポイントも多いです。サービス申し込み系にはネット銀行口座開設、ネット証券口座開設などがあります。

ポイントを現金交換したい方はネット銀行の口座開設をすると便利です。口座開設系はクレジットカードと違い審査がなく始めやすいです。

つみたてNISAやiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)、株主優待などに興味のある方はポイントサイト経由でネット証券口座を開設しましょう。

少しハードルが上がりますがFXも高ポイントを得られます。取引回数の少ない条件の広告を選んでください。取引回数が少ないほど損失が少なくて済みます。FXの損失はポイント獲得の手数料と割り切ります。

とてつもなく高ポイントのFXがありますが、あまりにも取引回数が多いものは避けましょう。私も手をつけてません。

クレジットカードは高ポイントが得られますが審査があります。2~3カ月に1枚程度にしておきましょう。(審査落ちしたら半年以上空けます)

不動産投資や保険の相談も高還元ですが、主婦(収入のない方)は条件に当てはまらず利用できません。実際の面談が伴うので、予備知識がないとカモられる可能性があります。

動画サービス登録なども初月無料で貯められます。(翌月以降利用しない場合は解約を忘れずに)

高還元ポイントの商品購入

化粧品(BBクリーム、オールインワンジェル)などで高還元ポイント広告が出ます。ギフトや宅配のお試しなども利用しやすいです。

美容院やマッサージ利用などで高還元なものもあります。パソコンやウィルスソフト、格安SIM申込などもあります。

商品購入は自費購入となりますが、ポイント還元があるので結果的におトクに購入できます。ただポイントが高いからといって使わないものや要らないものを購入するのは単なる無駄遣いになるのでやめましょう。

外食モニター、商品モニター

飲み会やママ友ランチなど交際範囲の広い方は外食モニターが高還元です。難点は地域によっては対象となる店が少ない、競争率が高いなどでしょうか。ひとり利用が不可な場合も多く、残念ながら私は利用できずにいます。

アンケート、ゲームをメインにしない

アンケートやゲームは手軽に始めやすいのですが、おすすめしません。どちらも時間がかかる割に得られるポイントが1ポイント、2ポイントというものが多く、ポイントが貯まる実感がかないからです。

アンケートは好きな方、苦でない限り手をつけない方がいいと思います。ゲームは短時間で確実にポイントが得られるもの以外はやめましょう。ゲームはクリックしてスタートするとアニメーションに時間がかかってイライラします。アニメーションの合間に広告が挟まれるタイプのものはさらに時間がかかりストレスが溜まります。

アンケートやゲームは大量ポイントが得られる広告利用の合間のサブ作業として取り組むものです。ポイント以上に貴重な時間を失わないようにしましょう。

最後に:なぜポイ活をするの?

「もっと本が読みたいからアマギフが欲しい」、「毎月1万円のおこづかいがほしい」、「旅行に行きたいからマイルを貯めたい」などポイントを貯めたい理由がハッキリしているとポイ活に前向きに取り組めます。

「おトクになるならやってみようか」というフワッとした動機だと「何か違う・・・」となります。ポイントを貯める目的を明確にしましょう。

ポイ活を続けているうちに、いろんな交換ルートや使い方、おトク情報を発見します。

「こんな利用の仕方があるのか!」とか「マイルを貯めた後は違うポイントを貯めてみよう」など、楽しみが尽きません。(反面、改悪との戦いもあり、スリリングです)

どのポイントサイトに登録すればよいかは【まとめ】ポイ活初心者が本当に登録すべきポイントサイトの記事を参考にしてください。

【まとめ】ポイ活初心者が本当に登録すべきポイントサイト3つ+1
「ポイ活したいけど、どのポイントサイトを選べばいいの?」ポイントサイト選びの基準と初心者向きポイントサイトについて書きました。本当に登録すべきポイントサイトは【モッピー】、【ハピタス】、【ちょびリッチ】、【ライフメディア】の4つです。

ポイ活最初の3つの壁を乗り越えて、楽しくポイ活をして目標を達成していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました